グリープステージの戦いが終了したUEFAチャンピオンズリーグ。

すでに突破を決めていたバイエルン・ミュンヘン対トッテナム戦ではキングスレイ・コマンが負傷するアクシデントがあった。ショッキングだったその瞬間がこれ。

左足で着地した瞬間、変な形で飛び跳ねるような形に…。ピッチに倒れ込んだコマン本人も何が起きたのか分からずショックを受けているような様子だった。

検査の結果、左膝の関節包損傷などが判明。ただ、当初の想定よりは軽傷で、1月中には復帰できる見込みとのこと。