昨年11月にプレミアリーグのエヴァートン対トッテナム戦で起きたショッキングなアクシデント。

ソン・フンミンのタックルを受けてバランスを下したアンドレ・ゴメスが、セルジュ・オーリエの足とピッチに挟まれる形で右足首を脱臼骨折をしたのだ。

その後手術を受けたゴメスがついに練習場であるフィンチ・ファームに戻ってきた。その様子がこちら。

まだ痛めた右足をかばうような足取りをしているようにも見える…。

ただ、スタッフやチームメイトとの再会では穏やかな表情に。ゴメスは個人トレーニングを始めるものの、まだリハビリの段階のようだ。

とはいえ、カルロ・アンチェロッティ監督は「彼の回復は早くなっている。できるだけ早く彼とやれることを願っている、素晴らしい選手だからね」と期待を口にしている。